プロフィール

papimam

Author:papimam
神奈川県在住

息子1人
娘 1人
パピヨン ♂



元気だそう!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



元気になろう!
気づかないちょっとした体の変化に気づいて元気になろうよ。食べ物、生活習慣、身近なところから見直してみませんか。小さな幸せを一緒にかぞえましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝子って凄い
ヒトゲノムが解読されるまで、いつかいつかと、大騒ぎ。

解読終了してみたら、あんまり話題にのぼらなくなって、少々忘れておりました。

まるで、病気がこの世からなくなるかの期待を寄せたものです。

単なる幻想でしたね。


現実には、病気がより多種多様で、人それぞれ、病気は同じようで、同じじゃない。

薬さえも、同じ薬が効いたり、効かなかったり。

薬の量も、良く効いてしまう人、すぐ代謝されて、充分な血中濃度を保てない、効きの悪い人。

細かく違いが分って、対応もより綿密に個人に対応することが、大切だと分ってきました。

DNAの同じ人がいないのだから、同じじゃないのは当然でした。


まだまだ、実用化されるには、時間がかかる、遺伝子情報に元ずく治療。

期待は持てます。

頑張れ研究者!!

期待してます~

わくわくする事
元気になるには、体の充実が必要です。

気力は、栄養の充実と 発想の自由から生まれます。

脳の栄養は、糖のみです。


楽しい事も、苦しい事も、心で感じる事は、脳で感じています。

電気信号が、脳の中を 走ります。

そして、神経は興奮を伝え 細胞にタンパク物質とホルモンを放出させて、快感を得ます。

快感を得ると、元気になってきます。

ワクワクしてきます。

また、もっと快感を味わいたくなります。


ならば

このたんぱく物質とホルモンを どんどん作り出したら、気持ち良いのです。

タンパク物質とホルモンを作り出す為に、必要な栄養素があります。

カロリーではありません。

栄養です。

アミノ酸や ビタミン ミネラル 脂肪 ・・・・・

毎食時に 過不足なく 取り入れたいです。『栄養』

栄養の充実と 適度な休息。

そして、適度な負荷・・・・超えられたとき、快感です。

これで体が充実してくると、ワクワクしたくなります。



ワクワクして、元気になろう~


インターフェロン
新型インフルエンザが登場して、もう1ヶ月経ちますね。



人の体は、ウイルス感染すると、やっつける為に、インターフェロンを作り出します。

インターフェロンは、糖とたんぱく質からできています。(サイトカインの一種です)

インターフェロンを作り出す時にビタミンCが必要です。

だから、『風邪引かない為には、Vcを摂りましょう』って、言うでしょ。
この、インターフェロンが、一人ひとりのオリジナル。
DNAが皆違うように、インターフェロンも違う。

貴方のインターフェロンは、とても強くて、めったに風邪ひかない。
私のインターフェロンは、弱っちくて、すぐ風邪ひいちゃうの。
なんて、違いが出てきます。

インターフェロンも、大きく分けて4種類。  (細かく言うともっとあります・・・。)
インターフェロンαとβは、C型肝炎治療で有名です。



ウイルス感染(風邪)では、インターフェロンを作らせる為に、Vcと糖質とたんぱく質を摂りましょう。



インフルエンザ死亡原因になるサイトカインストームは、炎症を起こして、ウイルスを焼き殺そうとして、押さえ切れないほどの炎症を起こしてしまうことから、多臓器不全や、肺炎を起こしてしまう事です。

自分で作り出した、サイトカイン(たんぱく質情報伝達物質)を 押さえ切れない嵐。

だからと言って、作り出す材料になるVcやたんぱく質を摂らなければ良いという 
逆の話には、なりません。

Vcは、水溶性ビタミンで、大量に摂っても副作用がありません。
薬局で、アスコルビン酸として、売っています。

パンデミックに備えて、アスコルビン酸とプロテインを買っておくと良いのでは、無いでしょうか。







久々の書き込み
ご無沙汰していました。

久々更新しています。
何も書かずに、居なくなって失礼しました。

papimamは、相変わらず、毎日、忙しく時間に追われて、生活しています。

仕事の時間を シフトして、始まりを遅くしたら、終わりも遅くなりました。
それで、何だか時間が無くなって、ブログから、逃走・・・・。

娘の反抗期も重なって、毎日ぴりぴり。
何だかな・・・・・の生活ぶりで、力の抜きどころ、入れどころ、バランス取れなくなっておりました。

でも、やっぱり。帰ってきましたよ~

これからも宜しく~


栄養と成長期と心の病
ある事がきっかけで、粗食が精神発達に有害だという思いを強くした。

ジャンクフードも悪いが。

たとえ、のり、梅干、ご飯、味噌汁でも、必要な栄養素は欠乏している。

そして、栄養素の欠乏は、社会参加できるだけのエネルギーを作り出せない。

白米を玄米や粟・キビ・ひえに変えれば良かったんだろうか・・・。

思春期に十分な栄養を確保する必要を感じる。

食育はまだ浸透していない。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。