プロフィール

papimam

Author:papimam
神奈川県在住

息子1人
娘 1人
パピヨン ♂



元気だそう!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



元気になろう!
気づかないちょっとした体の変化に気づいて元気になろうよ。食べ物、生活習慣、身近なところから見直してみませんか。小さな幸せを一緒にかぞえましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨密度測って来ました
私たち女は、なんとなく不安に思っているものです。
骨ソショウ症にならないで、スカスカにならないで、元気に生きたい。

閉経後に起きる骨密度の低下は、女性ホルモンと関係がある為で、20歳代までの骨密度を上げておくのがポイント!
だから絶対10代の下手なダイエットはいけません。栄養バランス摂って、運動してキレイボディーをプロデュースしましょう。

そのせいか、現在の骨密度を20歳時の何パーセントかという表示がありました。

108%・・・エッ?!20歳平均を上回ってる・・・
同年代の平均の120%・・・ギョエ・・・骨重そう。

ワ~イ・・ガッチリバッチリ!!!!骨太。

どうしてかしら?
運動不足しているのに・・
カルシウム剤飲んでないのに・・

papimamは、牛乳反対派なんです。でも、コーヒーには、豆乳か牛乳を入れます。あんパンには牛乳が合うな~。子供達は牛乳大好きなので、いつも冷蔵庫には牛乳があります。違う!違う!
納豆・シラス・小松菜・ニラ・チンゲンサイ・サバ缶でしょう!!
日本人は、牛乳からカルシウムを吸収できない人が多いので、反対に骨ソショウ症になりやすいって、聞いてます。
炭酸飲料も避けてるし、これで骨ソショウ症の心配は無い無い・・

と、思っていたら、・・・・別情報・・・・

右大腿骨頭辺りがジーンとすることがあるんです。
それが、カルシウム沈着症じゃないかという不安。
一難去って、また、一難。
過ぎたるは・・・・エ~ン・・カルシウムのお馬鹿さん。骨に入ってってよ~筋肉に入って来ちゃだめー
レントゲン撮ったほうが良いよ~って、言われちゃった。

カルシウムばっかり摂っていると、心筋梗塞になっちゃうんです。カルシウムは筋肉を収縮させるのです。体硬くなっちゃうし・・・危険。
これを防ぐのは、マグネシウム。

今日も、シラスねぎたっぷりカツオぶしかけ納豆食べちゃったし・・・
明日から、マグネシウムたっぷりメニュー考えなくちゃ・・・

アンチエイジング
私の実家のトイレの中に「青春」と言う詩が、張ってあります。
作家の名前は、実家に行かないとわかりません。
はっきり文も語れません。
ただ、青春とは、肉体の若さを語るものでは無い。
「志」絶えることが無ければ、「未来」を信じ、「希望」を失うこと無ければ、それは、青春なのだ。と、語りかけています。

私の年代以上の方でなければピンとこないかもしれませんが、『風と共に去りぬ』では、スカーレットが、すべてを失う瞬間に「明日がある」
と、立ち上がります。
小学生のときに1度見ただけで、この1シーンが焼きつき、焼け野原であっても、希望を捨てない、自暴自棄になどならない、人間の強さを知りました。

仕事がら、沢山の人の生活にかかわります。
何歳であっても、何かに夢中の方。
1日1日の中で、生きていること。
食べられる事。動ける事。
自分が出来ることに満足している方は、幸せなお顔をしていらっしゃる。
脳梗塞で右半身麻痺を抱える60代の奥様は、5年位のお付き合いになりますが、いつも花の様に微笑まれ、家族に愛され、幸せだと歌まで歌ってくださいました。失ったものが、どんなに大きかったかを思うとき、このご婦人の強さに、尊敬の念を覚えます。
心のアンチエイジング。

ジジャーマンアリスの花

人生の達人が育てたジャーマンアリスです。
この方は、男性ですけど、お花の心がわかる方なのですね。見事にさかせていらっしゃる。優美なひと時を分けていただきました。

テーマ:幸せになる方法 - ジャンル:心と身体

デジカメで記録
今日もパタカラのお話。
それは、記録が必要なお道具。

パンフのおば様は、1ヶ月で、すっきり顔になっておりましたが、
さて、私は?

と、言う事で、30さい超えてから写真が、嫌いになった私ですが、
意を決して、アップの顔写真を息子に撮ってもらいました。
息子も嫌がる。私の顔も困惑してる。
見るに耐えません。(やめときゃ良かった)
せめて、自分でとろ~。

ところが自分の顔を映すのは大変。
そこで、鏡を使いました。
鏡の前で、デジカメを自分に向けると、ファインダーに映し出された自分が鏡に映るのです。
適度に前向いて、カシャ!
記録成功。

う~
今日は、美容院に行くことを思いついてしまいました。
髪が、とっても、老いて居りました。

やっと、私の目が、私を見ることができた瞬間でした。
久しく忘れておりました。

パタカラ。ガンバロ~

テーマ:アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

リンパマッサージ
パタカラしながら首筋を撫で撫でしましょう。
そうですリンパマッサージです。
最近、リンパドレナージェなるものも流行っているようですが、
体験済みですか?

リンパ液は何処から来るの?

血液です。
血管から染み出した組織液の事。
赤血球は無いので、赤くありません。
体液、細胞液、人体は水分だらけですよね。
飲んだ水を腸から吸収してから血管を通して体中に運びます。
栄養も一緒に運びます。
ばい菌との戦い・免疫細胞たちの輸送の仕事もしています。
細胞の老廃物を運び出す仕事もしています。

口の中に怪我をすると、顎の下のリンパ節が腫れますね。
目が疲れたりストレスが溜まると、首のリンパ節が腫れますね。

心臓ポンプに押されて、動脈を流れてきた後に、細胞間に染み出して、栄養を届けた後は、帰りたくても早い流れの静脈には入れません。
血管は、高速道路のように、流れが速いのですが、リンパ管は、生活道路。
そのリンパ管に帰っていきます。
が、誰も押してくれません。
ゆっくりとした動きでリンパ管に流れ込み、排泄されていきます。
腎臓が弱ると、排泄が滞るので、むくみます。

老廃物をリンパ液に載せてどんどん排泄しようとする方法が
リンパマッサージです。
パタカラの小顔効果は、筋肉運動もさることながら、
筋肉を動かす事によるリンパの流れを改善される事にもあるようです。

適度な筋肉運動は、リンパマッサージの1番自然な方法。
パタカラは、顔面筋の運動ですし、上を向く時に、首をリンパマッサージしてますよね。此れで唾液排出と言う体液の流れが促進されます。
したがって顔のむくみは取れます。

リンパマッサージは皮膚を軽くなでるのですが、リンパ節に向かってリンパ液を流す方向へなでる必要があります。
その方向を覚えて、セルフリンパマッサージ。
こちらでどーぞ。http://www.jlms.info/towa.htm
此れで、デトックス。

もっともっと元気にな~れ。

テーマ:デトックス - ジャンル:ヘルス・ダイエット

唾液は魔法のお水
今日もパクパク 「パタカラ」
湧き出る唾液。
アンチエイジングは、お口から。

健康な大人なら1日1,500cc唾液が出ます。

ところが、加齢と共に少なくなっていきます。
お年寄りには、人口唾液をつかているかたもいらっしゃる。

赤ちゃんは、ドボドボ・ビチョビチョ

エイジングの指標になりますね。

唾液は、耳の下の耳下腺。
    顎の下の顎下腺。
    舌の下の舌下腺。
で、作られます。
口の中の汚れを洗い流し、
食物の中に含まれる酸を中和し、
虫歯・歯周病を予防します。
良く噛んで、食物と唾液を混ぜると、消化機能を助けます。
口から進入しようとするばい菌を阻止し、喉や肺の感染を防ぎます。

たっぷり出るサラサラ唾液と、ネットリ唾液の2種類。
どうやら私が増えたのは、サラサラタイプ。

とっても、アンチエイジング。




テーマ:アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。