プロフィール

papimam

Author:papimam
神奈川県在住

息子1人
娘 1人
パピヨン ♂



元気だそう!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



元気になろう!
気づかないちょっとした体の変化に気づいて元気になろうよ。食べ物、生活習慣、身近なところから見直してみませんか。小さな幸せを一緒にかぞえましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さんの憂鬱
子供が小さい時。転ばないようにするのが、大きな役割でした。

「分かってるよ」
などと、一言言い置いて、行きたい所へ一人で歩いていく子供を見た時。一抹の寂しさを感じるのは、母親にはありがちの感情ですね。

そんな時。パートナーであるお連れ合い様が、その存在価値を認めてない方の場合。『私など死んでも良いのだ。』と、言葉にされる場合がございます。

『君が子供だけを見ているのが、寂しかったよ』
と、肩をそっと抱きしめたパートナー様がお一人いらっしゃいました。
そして、お二人で、お子様の思春期・青年期に立ち向かわれ、元気になっていきました。

こんな時。元気になるには、パートナー様次第の様で、何を食べても無理ですね。

でも、是非とも伝えたいことは、どんな時も暖かい言葉を選んで、時を待つこと。とげのある言葉は、自分の心にも傷を残してしまいます。
『今、私は寂しい』と、表現するのは、勇気がいることなのだと思います。
『あんたなんてね・・・・・』と空元気出すくらいなら、
『私は、困っている。私は寂しい』と、表現したほうが、いずれ大きく育つ元気の種かもしれないと、思いました。

元気の種まいて、そのうち元気になろう!!!
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://genkipapimam.blog55.fc2.com/tb.php/53-93a5b7db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お母さんの憂鬱

子供が小さい時。転ばないようにするのが、大きな役割でした。「分かってるよ」などと、一言言い置いて、行きたい所へ一人で歩いていく子供を見た時。一抹の寂しさを感じるのは、 こころとからだと環境の健康・ロハス【2006/05/19 23:15】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。