プロフィール

papimam

Author:papimam
神奈川県在住

息子1人
娘 1人
パピヨン ♂



元気だそう!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



元気になろう!
気づかないちょっとした体の変化に気づいて元気になろうよ。食べ物、生活習慣、身近なところから見直してみませんか。小さな幸せを一緒にかぞえましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVの認識の壁
DVに詳しいカウンセラーさんの所で、記事を読むうちに、まだまだ野蛮な社会だな・・・・・っと、苦しくなって帰ってきました。

先日のDV夫殺人事件の裁判で、検察側も弁護側も鑑定医は、被告妻が、DVによる心神耗弱状態だったと思われると言っています。
此れに皆さん驚いていますが、やっと、お医者さんはDVが被害者を異常な状態に追い詰める事を認め始めたと、少し希望を持ちました。
正当防衛にはあたらないけれど、裁判官もDV,モラルハラスメントを考慮しない今まで、とは違った判断を迫られるのでしょう。

ところが、今年1月に茨城県つくばみらい市では、DVについての講演会が暴力によって中止された事を知って、ため息が出ました。

『DVなんて、加害者も被害者も救われないものだから、皆で無くす努力をしましょう』っていう、内閣府推参事業に反対するって、どういう壁なんだろう・・・
『いじめられるほうが悪い』っていう、いじめっ子側の強者の論理って奴ですか。
それに屈して中止する行政って、動かないでいじめに加担するその他大勢の立場かしら。
確かそれって、いじめてることになるんじゃなかったかなつくばみらい市。
どうするんだろうつくばみらい市。
このまま、拡声器で怒鳴り散らした人達の味方になって、大人しくじみ~に、DV加害者側に付くのかな?

もう3ヶ月たつから、立ち向かったのかしら・・・・行政。
それともヤッパリ建前だけだったのかしら・・・・。

よく、DV防止カードとか、児童虐待防止カードとか配っているけど、本当に使えるカードなのか、お飾りなのか、皆さん様子見状態です。
行政の本気が試されているのに・・・・・つくばみらい市ったら・・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://genkipapimam.blog55.fc2.com/tb.php/240-45a5c117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。