プロフィール

papimam

Author:papimam
神奈川県在住

息子1人
娘 1人
パピヨン ♂



元気だそう!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



元気になろう!
気づかないちょっとした体の変化に気づいて元気になろうよ。食べ物、生活習慣、身近なところから見直してみませんか。小さな幸せを一緒にかぞえましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロと素人・・・・素人の国日本
国語の教材は、道徳教育的な意味を持つそうです。

娘が沢山沢山読まされました。受験勉強で。

今更ながら、もう1ヶ月前になりますが、こんなテーマでした。

『プロと素人』
こんなにニワカプロ程度の素人が、プロ以上に話題にされ、台頭する時代はかつてなかっただろう。
その影で、本当に腕も知識も品格も鍛えられたプロが、軽んじられ敬遠されるのは、遺憾である。

何のプロでもないアマチュアが、日常感覚で物を言うことが大変重要だと言うような価値観がはびこっている。
例えば、審議会さえも、普通の人としか言いようの無い委員が、堂々と日常感覚で意見を述べる。

ああ・・・そうだった・・・子守唄を聞かせて育てようって、街角の井戸端会議みたいなことを国家予算を使って話していたっけ・・・・どんなにか気分が悪かった。

この国はどうしようも無い国になったな・・・と続く

そして、エリートのいない、アマチュアの国になった日本・・・・とつづっている。
そして、そして、エリートとは、問題を解けるただの秀才ではない。
エリートとは、自分の頭できちっと考える事が出来る、しかもその座標軸は古今東西の歴史から、芸術、哲学に通じ、科学に通じる者である。

戦後教育の間違いを 『我』の発展途上の人間に『我』なんてないのに、始めからあるかのように扱った事にあると分析している。

『我』の概念が出来る過程こそ大切で、無駄とも思えることを沢山やらなければならない。そこで『我』が出来てから、考えるとは何なのかを教える事になるのだが、考えるとか、わかるという境地にはなかなか至らない。
この過程こそが教育である。

と、娘達に『我』を見出し、無駄とも思われる沢山の経験を積み、『考える』為にゆるぎない座標軸を持て!!と語りかけてくる。

此れが中学受験だった。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

これは、中学受験での過去問からの文章なのでしょうか。

1回読んだだけでは、何のことかわからず、恥ずかしながら、5回読んでようやくぼんやりと言いたいことがわかったような気がします。このような文章を、中学受験生が読解するのですね。。。

私は国語が特に苦手なこともありますが、これを中学受験生に読ませるのはかわいそうではないかという気持ちになりました。

私が小学6年生の時には、全く意味を理解できなかったと思います。

今の中学受験は大変なのですね。。。
【2008/03/06 20:18】 URL | あーちゃん #- [ 編集]

学校はあせっているような
今年の問題です。
全文を掲載すればすぐ解りますよ。
それは著作権にかかわるので、私の感想として書きました。
共感したからですが、はしょりすぎて難解になってしまいました。ごめんなさい。

いくつかの大学から教養課程が無くなった事に、学校は焦りを感じています。
昔大学でつちかった、無駄ではない2年間の教養課程の分を高校教育に盛り込もうと焦っているようにみえます。
この学校の校訓は、『我を捨てて、精進せよ』です。
大学受験にだけターゲットをおくのではなく、こんな教育を目指していると言うメッセージが込められているようです。
私もこのメッセージ性に驚きましたが、全文ならさほど問題としては、難しくはないようですよ。ご心配なく!!
【2008/03/06 21:02】 URL | papimam #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://genkipapimam.blog55.fc2.com/tb.php/235-c71cc9ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。