プロフィール

papimam

Author:papimam
神奈川県在住

息子1人
娘 1人
パピヨン ♂



元気だそう!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



元気になろう!
気づかないちょっとした体の変化に気づいて元気になろうよ。食べ物、生活習慣、身近なところから見直してみませんか。小さな幸せを一緒にかぞえましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆとり教育の悲劇って、これなんだ・・・・
今年2月の、首都圏私立中学受験は、白熱した。

中学受験用の算数は、すご~い難しい。
教えて下さいと言われても、母には解らない。
答えは出せるけれど、やり方が違っていたり、答えさえ出せない物もある。
こんなに小学生からやら無くても・・・等と思ってしまうほど。
何が、私立中学受験に駆り立てるのか・・・

カリキュラムと、授業時間数が違うから・・・と、よく言われていました。それだけでは、ピンとこなかったのですが、納得の説明を受けました。

ゆとり教育のうす~い教科書には、母が中学で教えてもらった物の30%しか書いてない。
母の時代は、54項目の「理科」・・広く自然科学を理科の先生は次々と語るのだ。100%覚えなくとも、広い世界の案内を先生は授業中に語るのだ。
私が、理科に夢中になったのは、そんな豊富な授業のお陰だったのだ。
今は、何も関係しないけれど、『原子』の世界に魅了され、訳もわからないくせに量子力学に興味を持ち、読んでも解らない本を図書館で借りて来た。未知の原子を加速器を使って作り出す物理学は、いったい何で私の興味を引いたのだろう。
化学事典を買ってきて、チェーンリーディング。解らない事をたどって何時間も事典で遊んだ。特に、定期試験前は、試験勉強が嫌になると、読みふけった。・・・今は覚えてもいない反応式・・・
余り、成績に執着しなかったので、その時々に興味の対象になる教科だけが、とび抜けるという凸凹な成績。
興味が飛び散っていたので、成績は良くも無く、一流大学を目指す野心も無かった。大学受験向きじゃなかった。
でも、物に頼るでなく、楽しかった。

平成16年の中学理科は8項目だった。
たったコレだけしか、自然科学と触れ合えないなんて、何てつまらない中学生活。コレが何故ゆとりなんだろう。
私の頃より、数段科学は進歩している。もっと、不思議な世界が絞られ深まっている事だろうに、子供から取り上げてしまった。不思議の世界。
少ない、狭い世界をただ暗記させる塾へ通い。徹底的に偏った世界を叩き込まれる中学生。
知識欲の目を刈り取られる。
そんな不安から、私立中学に望みを賭ける。

教育の再生は、これからどうなる??
携帯の新機種や、物、ファシヨンだけに興味を引いて物知らぬ働き人を育てても、世の中が荒れるだけ。
偏差値教育は、モラルハラスメント人間を作り出す。それもそうだけど
それで教科書薄くするのは、何の改善にもならない。
教科書薄くなった今だって、モラハラ人間はどんどん生まれてる。

学校の先生に、授業をさせてあげて下さい。子供達に、不思議の世界を知らせる授業を・・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://genkipapimam.blog55.fc2.com/tb.php/151-ef459196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。