プロフィール

papimam

Author:papimam
神奈川県在住

息子1人
娘 1人
パピヨン ♂



元気だそう!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



元気になろう!
気づかないちょっとした体の変化に気づいて元気になろうよ。食べ物、生活習慣、身近なところから見直してみませんか。小さな幸せを一緒にかぞえましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人は何かに囚われる事で、苦しみを生み出している。」
そう言われれば、会話が回るのに・・・

『自分の中に問題があるのです。自分の中を深く見つめて、そう感じる事を探るのです・・・』
『今あることを苦しいと感じる自分がいるから苦しい。今の苦しみを生んだのは前の自分なんです。それを深く探り自分の根っこを見つめるのです。丸い石の上に自分が立っているからグラグラします。その丸い石を選んだのは自分なのです。』

その抽象的な言い回しに、納得できません。

人の成長期に、特に思春期に本人の人格を築かせない『毒になる親』の存在は、想像に難くありませんでした。
人間の芯とも、土台ともいえる『己』をどう築くか。
築けなかった場合。借り物の土台の上に立とうとする。人の言う事に洗脳される。人の目にどう映るかが基準になる日々の判断。特に、『毒になった親』がどう思うかを基準にする日々の判断。
そして、自分は常に誰かに操作されているような『己の不在感』に苛立ち続ける。

しかし、親は常に判断の大きな基準となる。
それは当然であり、少しも病的では無い。
『愛』があれば・・・・そう、保育園の園長は言い続けた。
『愛』が無ければどうにもならない。

その『愛』が学校の成績と言う結果を求めたならば・・・きっと、歪んで子供に伝わります。愛されたくて、一生懸命優秀な成績を執ってきているとしたら、歪みます。優秀な頭脳の『己』のカラッポな人間を育ててしまう。
そして、そんな心を取り込もうとする組織を見てしまったような・・・・。不快。

教育再生は、社会が子供達に『愛』を伝えようとし始めたか・・
やっと、社会の捨て子にしない決意をしたのか・・・
本当の『米百俵』・・・教育の再生をやっておくれ・・・
米百俵は教育の為、上杉鷹山が北の国で飢えと戦いながらやったのは、教育再生だったのだから。
何故、小泉首相の米百俵がゆとり教育になったのかそれこそが不思議だった。
寺子屋には、給食は無い。休みも月に2回だけ。国の再興を若者に託して・・・・

芯を育てていこう。
明日はもっと、元気になるだろう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://genkipapimam.blog55.fc2.com/tb.php/125-a89f63c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。