プロフィール

papimam

Author:papimam
神奈川県在住

息子1人
娘 1人
パピヨン ♂



元気だそう!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



元気になろう!
気づかないちょっとした体の変化に気づいて元気になろうよ。食べ物、生活習慣、身近なところから見直してみませんか。小さな幸せを一緒にかぞえましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代替フロンが・・・なんだって????
え~
フロンがオゾンホールを作るから、使用禁止して、代替フロンにしたのに・・・

その代替フロンは、地球温暖化促進物質だったんだって~

地球環境を守るために良いと思っていたのは幻。

何が良くて、何が良くないの・・・・

横浜ゴミ30運動は、本当に地球に良い事しているんだろうか・・・。

リサイクルは、環境汚染すると聞くこともあり。

プラスチック容器洗うのに洗剤と水を多く使うたびに、此れで良いのかしら???と、不安になるの。

子孫に禍根を残したくないけど・・・
無知な先祖になってしまいそう・・・

200年後はどうなっているかしら・・・
スポンサーサイト
お父さんの罪は 死をもって・・・・
16歳の少女が、父親の首に斧を・・・何度も・・・

父親が嫌いだったと少女が言っていると報道されているが、嫌いでは、殺さない。・・・・と、思う。
16歳はそんなに馬鹿じゃないよ。
父親より、ずるがしこくなくて、純粋で狭量かも知れないが、一途だろうな・・・・。

この娘を追い詰めたのは、大人だよ。
この娘の目には、巨大な大人が、毎日大きな声で、くどくどと心にも無いだろうきれいごとを吐き、救いが無かったのだろうな・・・。

16歳の少女にとって、母親以外の女と関係し、母親を苦しめる父を尊敬できる訳が無い。・・・・と、思う。
父も、そして、母も信じられないウザイ存在かも知れない。

母親は、何故守らないんだろう。
養育費の問題だろうか・・・。

先週土曜日に、ドラマ『ライフ』が終わった。
16歳の少年が父親をハサミで刺した。
このドラマが、大人への警告にならずに、この娘の行動の引き金を引いてしまったのなら、悲しい。
『ライフ』の中で、ただ一人この父親を刺した少年だけが、心壊れて希望が見えない存在だったのに。
この娘は、ドラマの中で父親に殴られ続ける少年に、自分を重ねてしまったのだろうか・・・。

社会が母親を守らないから、母親が子供を守らないのかな?
貝ひも
ホタテの貝ひもが売っている。1パックに何個分が詰められているのか沢山入っている。
歯ごたえもあるので、甘辛くにつけて、お弁当の種。
貝の筋肉だから、旨味も結構あるのです。

やっと歯並び矯正治療を始めた息子が、大好きなのに、うなって食べてる。
う~痛い~。
かれこれ今までに3回位矯正を試みたが、この痛みと、わずらわしさに反抗期も重なって、3回中断治療失敗。

なんたって、右だよって言えば、左に行く位真っ直ぐ行かない年頃ですから。
ガムは禁止ね。って、言われても、矯正装置をさけながら、ガムを噛んでいる。

貝ひもは食べられないね。って、言ったものだから、食べてるの・・・

どうぞ。

そんな、無理しなくてもね~
秋刀魚
秋刀魚が豊漁です。
1匹88円でした。・・・・・ウ~ん・・どうしようかな・・・

でも、鯵の60円も捨てがたいし・・・たたきにできる鮮度だって。。でもね、そんな色してないし・・・カラッと揚げて南蛮漬けも捨てがたい。

あっ。秋鮭もちゃんちゃん焼きかな????大きな切り身。

お魚売り場を行ったり来たり。
悩む・・・・・


結局。
半額処分品につい手が出て、カラスかれいとアナゴを2パック手に入れました。

娘はカレイと春雨のスープが大好き。
でも、息子はムニエルが好き。

レタスのクリーム煮が好きなのは、息子。
レタスはサラダで、は娘。

ソース焼きソバが娘。
塩焼きソバが息子。

母は全部好き!!

アナゴは明日のお弁当になるの。
明日はどの魚にしようかな?

発想・・・・あな恐ろしや・・・
地球温暖化の予防に何故CO2の規制なのか?
って事から、地下に加圧してCO2埋め込む技術の話に跳び・・
地面を掘ると、サイダーが出てくる時代が来るかも???と、脱線し

人の頭を緑化して、晴れた日に外で日光浴をして、人間が光合成をすればCO2を酸素に換えられる。
頭を皿の無い河童みたいにするんだよ。
う~ん。人間のを遺伝子組み換えカッパプロジェクトか・・・
アナ恐ろしや・・・・柔軟な発想・・・

それ、お腹空かなくて、肉も食べないし、凄いかも・・・。

そうだろ。

うん。肉食べるのって、地球に優しくないんだよね。食用肉作る為に、穀物や草を恐ろしく消費するのよね。
牛・豚に食べさせてる飼料になっている分を直接人間が食べていれば、食糧難は避けられるかも・・・・。

って事は、牛と豚をまず緑化して、光合成させて、その肉を食べて・・・

この話って、かなりタブーに触れてるかも・・・

命を頂いているのでした。
人間って、そういう意味では罪深い。
夏バテしています
夏バテ真っ最中です。
日差しが柔らかくなって、青空も高くなったような気がします。

無性に甘い汁がすいたくなります。ジュースの事なんですけど・・・
チョコレートも無性に食べたくなります。

欲求に素直にしたがって、チョコ食べてぐったりごろねなんかしていると、元気になるどころか、ますます動きたくなくなってきます。
甘い物の後はポテトチップスなんか食べてごろねしたくなってしまいます。
此れが夏バテの証。

こんな時こそ。
大根おろしタップリ効かせて、豚肉ですね。
ビタミンです。今こそ、サプリの使い時です。
ビタミンBとCをタップリ体に供給しましょう。
勿論。甘い汁じゃなくて、レモン・アセロラドリンクで。
ココで立て直しておけば、秋は大活躍できそう!!

2連休の間に、精米機とフードプロッセッサーを出しました。
数週間前に手に入れていたのに、出す暇が無くて・・・。

誰が大根をおろすか・・・の戦いから解放されて、フープロ大活躍。
細かく言うと、電気使うと陰のエネルギーがたまるんだけど、その辺は何ちゃってマクロビのpapimamは気にしていられない。

玄米食べて2年半なんだけど、精米機で、胚芽米にしてみました。
楽しい~。
娘が、茶色い玄米のお弁当を嫌がるので、譲歩。
胚芽付きの粒粒御飯になりました。

そろそろ、お鍋やおでんも気になりだした・・・。
食欲の秋~。
選挙権・・・欲しいかも16歳
特措法でもめている。
7月の選挙で、民主党に入れた票は、特措法継続を賛成か反対かを問われていたと思って投票されたのだろうか????

民主党を国民が支持したけれど、特措法反対まで支持したのかな???

オイオイ。国際貢献に加わらないとなれば、日本の立場は・・・・
今バリバリに勉強しつつある高校生は、慌てています。
何やってんだよ大人!
第2次世界大戦で懲りてないのかよ!
経験から学習しろよ!!!
って、・・・・・うーーーーー


年金問題に 焦点があたっていたから、20歳以上。。。特に40歳以上の票数が集まったかも知れないが、4~5年後に選挙権を得る若者にとっては、個人の年金よりも国の向かう方向のほうが、身近であったのか・・・・

私は、子供達に美しい国をゆだねるに叶う行動をしただろうか・・・・

そこまで、考えて1票を投じただろうか・・・

愚かなのは、大人かもしれない。
生きる質を取るか、量をとるか
胃ろう・・・・マーゲンチューブ・・・。

もしも家族が、年老いて、食べる機能を失ったなら・・・。

生きる質を取って、『いろう』を断って、できる限りの口腔摂取。
体は徐々に弱ってくる。
心臓の拍動も弱ってくる。
病院から家に連れ帰る。ひとしきり眺めて老人はゆっくり目を瞑る。
家族が皆集まり。老人の元で、語り合い、清め。
知人が次々に尋ねてくる。もう、意識はあるやら、無いやらわからないが、思い出を語り、見舞って帰る。
7日間。そうやって家族知人に思い出を残して、命の火を消した。

無理に飲ませた薬を吐く時より、安らかだったと。大切な人を 大切に見送った達成感が溢れていた。

そして、生きる量を取って「いろう」をしたならば、もう少し生きていたかも知れないが、物のように扱われるようで、可哀想だと言い残していった。
私達は知っているので、家族で決めましたが、
医者も強く勧めなければ良いのに、「いろう」は本人も家族もつらい。っと・・・

でも、医者は、言わないわけにはいかないのです。
ご家族に断ってもらわないと、延命処置をします。

命が永遠でないから。私も、達成感に溢れた最期を迎えられるように、
明日も頑張ろう。

ご冥福をお祈りいたしております。
パンクしました
とんだ事~。
できた時間の隙に、娘を送ろうと車を乗り出す。

ウン??

何か鈍いリズムのこの振動????

でも、パンクセンサーは、何も表示していない。

確か、パンクするとセンサーが働いてパンクしてるよ!!って、教えてくれる。

ゴックン・・・ゴックン・・・なんとも変。

や、コレはヤッパリパンクだよ。

車を止めて。ここから歩けと娘に言ったが、ココじゃ最悪とか何とか言って、せめて、も少し先にして・・・って言うから。
???ココが歩くには一番近い。これ以上行ったらかえって遠くなる。
ウージャノ・アージャノ言うから・・・短気な私は、ちょいと先まで送って、(パンクしたまま)そのまま、ガソリンスタンドにピットイン・・・・・・。

軽く背中に冷や汗・・・・パンクして、走って良い訳無いじゃない・・・・何が起こっているかしら・・・・でも・・・ちょっとだし・・・。

『あ~あ走っちゃったの???』
やっぱり・・・解る?

『時間があったら、走らなかったろうに可哀想だったね~』
この前オタクで、4本タイヤ替えたばっかりですけど・・・・

あっ。やっぱり。ダメですか・・・。キケンですか・・・。

母スッゴーク恥ずかしかったのに、ちゃっかり娘送らせるし。
マーケットのカート毎レンタルやに迎えに行ったら、恥ずかしいって、あんなに責めたのに・・・。
母だって、恥ずかしかったのに・・・。
ちゃっかり娘ー!今日もスッゴーク恥ずかしかったぞ~。

10分で戻るからって、仕事抜け出したのに・・・戻れない・・・。
ゴメンネAちゃん。

星占いの金運・・・☆1個だったっけ・・・・予定外の出費って事か・・・・・・・仕事運は、☆3個だったのに・・最悪のドタキャンしてしもた・・・。

へこむ~


そいでもって、こんな時に限って、携帯充電切れてるし・・。
安部内閣・・・誰が働くか・・・
安部内閣ができてから、確かに、各大臣が活躍してるな~。とは思えず。また、足引っ張ってるな~。と、思う日々でした。

教育再生会議のメンバーも、社会学、発達心理学などのきちんと勉強した知識人は見当たりません。評論家でしかないような方々が並んでいらっしゃった。

学者と評論家は、大きな違いが有るのですが、お分かりですか?安部さん?!!(キャハッ。デカク出たな~私)

学者は、今までのデータ分析を元に、これからどうしたら良いか、戦略を立てることができます。

評論家は、今までの出来事を論評する事ができます。

小泉総理を、竹中教授が一身をかけて支えました。彼は、経済学者です。

安部首相にも、やっと学者がつきました。彼は国際政治学者です。でも、チョット遅かった。選挙は終わってしまった。

日本丸が難破しないように、頑張れ学者!!
その知識を日本の国に帰せ!!
国立大学出てんでしょ!!
国費留学もしてるかな??

竹中教授は戻ってこないのかな~。

もう、評論家はやめてね!!
子守歌歌って、母乳で育児しようなんて国費つかって話し合って欲しくない。

大学組織改革と、教育費の無料化!!して☆~

そ。れ。と。。。。。学校に冷房入れて欲しい・・ノートに汗がボッタンボッタン垂れてたよ。娘のノート。
クロックス・・・・・事故発生
今時大流行のクロックス・・・可愛いワニ型サンダル。

コレを履いた子供のエスカレーター事故が相次いだ。

嫌な予感がして、TVに聞き入った。また、自分を省みる事無く責めるのかな~製造者を・・・・。

処が、お母さんは、グスグス泣きながら自分が後ろに居ながら注意をしてあげなかったから・・・と、TVインタビューに答えていたのです。

何かが・・・変わりつつあるのを感じた。

社会が、やっと動き始めている。

今回だって、大騒ぎして、クロックスを訴えてやる~って、扱う事だってできたんだ。
私は悪くない。サンダルに、『エスカレーターの側壁に触ると巻き込まれて怪我をします』って、注意書は無かった。

でも、自分を省みる方向に動いた。

今まで、言えなかった。
怪我した相手に、『貴方だって落ち度があるじゃないか』って。


警察官が、高校生を殴って逮捕された。今回は警察官が悪かったらしいけど。
抗議の電話が殺到したそうです。
殴ってでも注意するべきだと、考える人が行動を起こすようになりました。

数年前に福島県で、産婦人科のお医者さんが逮捕されました。この時。社会は、黙っていました。
産婦人科のお医者さんを擁護しなかったことで、街から産婦人科のお医者さんが消えていきました。
だから、今。圧倒的に産婦人科のお医者さんがいません。日本中で安心してお産ができなくなりました。
あの時。お医者さんたちは、異議を唱えたのに、社会は擁護しなかったし。指導ではなくて、逮捕に無言の肯定を送ってしまった。
お医者さんが社会に奉仕していたのに、社会は、お医者さんに罰を与えた。医療ミスはあってはならないことだけど、逮捕はそぐわない。

暴力はあってはならないことだけど。社会は、変わったらしい。
警察官を擁護しようと動いた。

何か、空気が変わった。
社会保険庁・・・年金
「盗人は最後の一人まで探し出して・・・」と、大臣がおっしゃる。

こんなに働かず、公金を欲しいままに誤魔化し着服し、人々を苦しめる組織が、なぜ、取り潰しにならないのかな???
確か、公務員は、公僕だと思うんだけど・・・。
なんで、あんなにゆっくりした歩調で、仕事をしているんだろう。
区役所に行くと、公務員さんが、タッカッタッカ♪のリズムで、サンダルで歩いているんです。
会社員さんは、普通タッタカタッタカタカタカタタタ♪ですけど。

教育の再生が最重要課題なのはごもっとも・・・・でも、なんで、武道とダンスなんだろう????
国語と算数と科学と社会学じゃないの??
道徳とか、コミュニケーションとか、作文とか・・・じゃないの???

お父さん教室とかお母さん教室とか・・・再教育しないと、給食費も保育費も払わない大人が、子供を教育してたら、盗人の国になっちゃうでしょ!美しくないよ!!

少子化大臣なんてポストまであるのに、なんで、産婦人科がどんどん無くなり続けるんだろう????なんで、出産費用を1度払ってから手当てで後日頂く方式のままなんだろう・・・・出産したら、銀行に行ってる暇ないし、・・・核家族なんだし・・・。紙1枚で、レセプト1枚で、キャッシュレスで、出産できるように何でしてくれないんだろう。
ああ~社保庁が動かないからか・・・・「仕事なんか増やしてたまるもんか・・・」って、抵抗する??

働かない大人と、学ばない子供の国・・・・って。書いてあったから・・・。
そんな物読んでしまったから・・・・

今日は、元気が出ない。
モラハラ・・・・・まだまだ苦しむ人へ
モラルハラスメントは苦しいです。

『苦しいの』・・・って、そりゃそうでしょう。

『離婚はしないわ』・・・そりゃ、終わりが無いわ・・・。

『子供達のことが1番だから』・・・だったら、・・・・違う道も・・・

離婚したら、養育費が間に合わないと言うけれど、夫様はかなりの高額所得者だから、正式には、子供達が今の学校を卒業するくらいの養育費用は、法律が保証してくれるはずだけど・・・、夫様が踏み倒さない限り。日本では、踏み倒す事も多いから、守ってこそ法律の意義があり。
元々、夫婦のモラルも父としての役割も守れない夫様が、守るかどうかは疑わしいけど。
家庭が戦場となっている現状で、子供が安心して、自分の未来に希望を持てるかどうか・・・そこの処は、どうするの??

でも、自分で2人の子供の養育費用から、教育、全てを1人で背負ってみて、つくづく思う。

お父さんは、大変だな~。
働いて給料を手にする時、これで、子供と妻と自分の全てを背負っているのは俺なんだ~!!って、叫びたくなるだろうな~。

もしも再婚して、もしも、給料を家庭にもって帰る夫だったならば、給料袋を夫と、家族の真ん中に置いて、皆で、『有難うございます。ご苦労様でした。』って、ねぎらいたい物です。
お父さんとお母さんの役目を一人でやってみて、2年半。
お父さんの苦労が、目に見える。
あ母さんを16年やって来て、お母さんの苦労が身にしみる。

だから、モラハラ夫なんて、切捨てたほうが楽だよ!
モラハラ夫が居たら、お母さんの役割さえできなくなってしまうじゃないか・・・。
モラハラ夫がいたら、その家庭には、お父さんもお母さんも居ない、空洞家庭に迷い込んだ寂しい子供は、団欒のない餌場と化した食卓で、餌を食うがごとき日々。

もしも、本当に子供達のことが1番だと思うなら・・・・
本当の母親になってみようか・・・・ね・・・
ドラマ
3年前。
子供が中学生になり、自己主張するようになってから、ドラマを見るようになりました。
1時間のドラマを最後まで、毎週見るなんて、何年振りだったでしょうか。
離婚するまでは、毎日、新聞もテレビも見るチャンスもありませんでした。これも、異常でしたね・・・振り返ると。

さて、子供中心ですから学園ドラマが中心です。
『ごくせん』・・・・・カトゥーンがブレイクするきっかけになったドラマですが、高校では勉強はしないし、就職も真面目に考える事無い投げやりな子供達に、物事を真っ直ぐ見つめようよ。君達捨てたものじゃないよ。って、子供自身に語りかけていたと思うんです。
『女王の教室』・・・・極端ではありましたが、勉強を教えない。指導のできない学校教師側を批判した作りだったように思えました。
そして、今どきの
『ライフ』・・・・・・学校教師と親の異常性が浮き彫りになっています。モンダイを起こしているのも、戦っているのも子供達だけれど、そんな事態に追い込んでいるのは、先生と親なんだと・・・・。
そして、解決へ向かうのは、大人が変わったとき。

あれれ、何だかドラマって、捨てたもんじゃないな・・・と3年も見続けて、気がつきました。
ドラマですから、ショッキングな取り上げ方をしていますが、女王の教室を見て、娘はいじめには自分で対抗しなければ、先生は頼りにならないと、心を強く持ったのですし、
理系の子
20歳の理系の大学生に会いました。

何だか、フィーリングが合ってしまうので、根堀葉堀ホリホリ聞いちゃいました。

何をって???

子供の頃。何かヘンな事しませんでしたか?って・・・・・

してました!
やっぱり!!

カタツムリに♂♀が無い事を知った少女は、カタツムリが絶滅しないように、せっせとつかまえて、餌をやり・・・・・・500ぴき位生んでしまったのです。生まれたマメッチカタツムリは、カゴから這い出し大騒ぎ・・・・・母パニック・・・・

必死に捕まえて、原っぱに放し、
「君が増やさなくても、大丈夫。生態系が乱れるから、自然に任せようね」っと、説得されたとか・・・・・

カエル瓶詰めしちゃったり、アメンボコレクションしちゃったり、アゲハの幼虫なでなでするのが好きだった私と良い勝負ジャン。

また、今度会うのが楽しみだな~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。