プロフィール

papimam

Author:papimam
神奈川県在住

息子1人
娘 1人
パピヨン ♂



元気だそう!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



元気になろう!
気づかないちょっとした体の変化に気づいて元気になろうよ。食べ物、生活習慣、身近なところから見直してみませんか。小さな幸せを一緒にかぞえましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の元気
苦しい事があると、心が湖の奥底に沈むのは、心を守るため。

そして、エネルギーを溜める。

そして、流れ出る出口を探す。

もう、大丈夫ね。出口は見つかったみたいですね。

これからは、出口に向かって、進行するだけ・・・。

出口遠いけど。目標が、決まっただけで、何故か心が元気になって行く。次にやろうとする事が決まっただけで、苦しみが半減するね。

ほんの少し、貴女の頬に生気が戻りつつあるのを見つけました。
やって見ましょうね。
夫様が、救われて、家庭に暖かな平和が訪れるように。


スポンサーサイト
死なないで!!
「死なないで」
「死んじゃダメ」
「お母さんは、絶対死なないの。」
「生きて!」
「戦いましょう!貴女の家庭を守るため。貴女の命を守るため」

私たち、「女は産む機械」なんて、蔑まれているけど、・・・
映画『マトリックス』のように、人間を税金の卵位にしか思わない『大臣』には、そのうち、「褒美をやるからそれ産めヤレ産め」って、言うかも知れないけど。
「子供も産めないくせに、あんたこそクソしか産めないんでしょ!!」
って、議員生命かけて言い返してくれないかな~誰か女性議員。

産んでからが、大変なのよ。
母と子が、父親に守られることも無く、社会からも見殺しにされるようなら、どうして「子供を産もう、子孫繁栄を未来の希望と目標にしよう。」って思えます??

子孫繁栄しそうに無いなら、可哀想だから産まないわ。
それでも夢と希望を持って、母になったんだから。

死なないで!!
みんなが貴女に「我慢しろ」・「お前なんか死んでしまえ」
と言ったとしても。
顔を上げて。前を向いて。貴女と貴女の家族を守り抜いて。
今日。
私の中にこだまする。

お願い。死ぬ勇気より、生き抜く勇気を持って。
こんなに私はボロボロなんだって、ボロを見つけ歩くより
どうやって生き抜くか、考えて!!
最愛の男に死んでしまえと言われたならば、いっそ死んでしまおうと思ったならば、死んだ気になって立ち上がれ、お母さん死なないでって、心から思ってくれる子供達の為に。

祈っている。
待っている。

貴女が、元気になる日を・・・。
終わった・・・研修漬け
去年の10月から始まった、懸賞生活ならぬ、研修生活が一区切りつきました。
その間に、心の痛む事があり・・・
チョット・・・愚痴っちゃいます。

障害のある方の元を訪ねました。
まだ、小さなお子さんです。

昨年より障害が重くなっているように見えました。
そこに何かあると、担当スタッフは気がつきます。
お母さんは、頑なでした。
「あれでも、随分明るくなったんだけど・・・お母さんが・・ダメなんだ・・・。支える人がいないんだよ。二人きりでは、煮詰まってしまう。お父さんの支えと、祖父母がいるかいないかは、大きな違いなんだ・・・」
追い詰められるお母さんと、逃げるお父さん。

「本当に日本の男は、逃げますよね・・・離婚になることも多いですよね。必ず子供をお母さんの元において・・・。」
すると、スタッフが私に謝ったんです。
「すみません。・・・僕も男だから」

まず~い空気・・・・
優しい男に謝られると、もっと落ち込む・・・。

落ち込んでいても、何も生まれない・・。

家族を大切にして行こうよ!!


ショック・・・・やりすぎた・・
昨日の夜、気がつきました。
直径5ミリくらいの・・・脱毛(ハゲ)・・・

私って、大きなストレスが3ヶ月以上かかるとできちゃうんです。

やりすぎた・・・10月からの研修三昧は、こんな結果に・・・。

ハゲながら、いくつかの山場を乗り越えてきましたが、又やってしまった。

ちなみに、初めてはげた時に、友人が慰めてくれました。
はげたところに、『見たね~呪われるぞ~』って書いてくれたんです。
それだけ大きかったんですけど。(アイライナーで)
こういう友達ってのも、貴重です。
一瞬、驚きましたけれど。
あまりのリアクションに、気にならなくなりましたから。
丁寧に慰められたら、かえって落ち込んだでしょう。
ストレスガンガンだったし。
でも幸い女は隠しやすいんですよ。
治るのにも又3ヶ月くらいかかるのよね~。

レディース○○に挑戦してみようかな?
高そうだけど・・。

とにかく、牡蠣食べて、ビタミンミネラルサプリのみ始めました。
研修も後1回。一番大変な仕上げが待っている~。

今日は、定番のお楽しみ研修会に行って来ま~す。
お母さんと子供
何ヶ月かぶりで、髪を切りにいきました。娘と二人で。
なんと言うことも無く、チョキチョキ・・・

鏡越しに、順番を待っている母と娘のペアの姿。
10歳くらい私より若そう・・・結構伸びてますねあなたの髪も。
いかにも、「どんなに伸びても縛ってしまえば分からないヘア」
子育てに忙しいお母さん用ヘアスタイル。
そして、『遠い目』をして、雑誌も手にする事無くぼや~んとしている。隣でゲームに夢中の娘さんは1年生くらいね。

16時まで980円カットのこのお店に16時ギリギリに滑り込んできました。
これから、夕食準備と明日の事でも考えているのかしら・・・それとも・・・・

表情は心情を表したりするので、妙に気になってしまいました。
おやつ
DSC02377.jpg

こんな可愛いお饅頭のおやつを見つけました。ファミマで150円。
ちっちゃ~いお饅頭。栗饅頭・チョコ饅頭・パイ饅頭の三種類。
DSC02376.jpg

それらしい形しているでしょ!
味は、やっぱり8個で、150円なりの味。
母は、栗饅頭派。
息子は、パイ饅頭派。
娘はゼリー派・・・・・・・???饅頭嫌いなのよ!

柿の種も好きなんです。おせんべいってスゴーク匂います。隠れて食べても絶対ばれます。
娘が小さかった頃、仕事場の奥でポリポリ柿の種を食べると部屋一杯にミョーなニオイが漂って、誰かプーした???ナンテてあらぬ疑いを掛け合ったものです。
あ~懐かしい。

それにしても、不二家のお菓子が食べられないのは、悲しいな~。
地域の力と新参者と仕事・・・・・生き方
今日は、『ドンド焼き』の日でした。
私の住んでいる地区では、古くから住んでいる人々(30年くらいじゃまだまだ新参者)が、季節の行事を沢山こなしています。

夏の盆踊り・虫送り
秋のお祭り・運動会・氏神様での七五三
冬は、初参り・ドンド焼き

私は、まだ、12年しか住んでいない超新参者。
せめて2代目が後を執るようにならないと、なかなか、仲間入りした気分にはなれません。

そんなわけで、回覧板で回るわけでもないドンド焼きは、何処で、何時やるのかとんと分かりません。14日に決まって居る事を昨年やっと知りました。

子供のつながりのお陰様で、運動会を見に行ったり、虫送りに参加したり、少しお知り合いが増えました。
ドンド焼きには、お餅を搗いて、赤や黄色・緑に染めて、木の枝につけて飾ります。ぉ焚き上げの炎にかざしてあぶってから食べます。今年1年の健康を祈るのです。
この綺麗なお餅のなる木を近所のお母さんが3年前から分けてくださいます。感激します。

一家総出で、煮物・漬物を持って、ビールを飲みながら松飾や古いお札を焼く。何処の子供がどんなに大きくなったか、誰か困っていないか、世間話に華が咲くのです。

本当は、仲間に入りたいのに、新参者だし、勝手は分からないし、お餅はつけないし、今年は日曜だったけど、14日が日曜とは限らないから仕事があるし・・・・以外に引っ込み思案だし。

皆さん地域密着コミュニティーできてる人々は、なんて、生き生きしているんでしょう。
地域に根ついている人の人生って、豊かだな~。

色とりどりのお餅に、胸の中まで一杯に、温かくなった・・・
有難うございます。

明日も頑張ろう!
かたくなな心
思いやりが通じない・・・

「親子だから、喧嘩しても憎くは無いの」

とは言うものの・・・・

老いて行く侘しさは、若い者には解らない。
だから、とにかく優しくしたいのに、親は親・・・

立ち上がるのも容易でないほど衰えているのに、
「若い者には迷惑かけないから、最後は世話になることになるんだし、それまでは自分でガマンするから・・」
と、言いながら、
「この年で、3度の御飯も自分で、洗濯も自分で、買い物も自分で行くんだよ」
とグチをこぼす。

あ~
貴女の娘さんは、貴女に優しくしたいのに、買い物に文句を言い。洗濯に文句を言い。御飯に文句を言って、娘さんが身動き取れなくて悩んでいるのを どうしても上手く伝える事ができません。

その頑なな心が溶けたなら・・・
何を買って欲しいか聞かれても何も答えられない事が、『老いる事』だと受け入れられたなら・・・娘さんもお母さんも、思いやりを伝える事ができるかもしれないのに・・・・

洗濯物の干し方が気に入らない事をガマンして、
御飯のメニューに肉が多かったり、チョット硬かったりするのをもう少し上手に伝えたり、できたら・・・

思いやりの方向がチョット違うかも。。。
若い者がやってあげたい(思いやり)事を 
受け取ってあげる(思いやり)事

それが
『老いては子に従え』
だったんだな・・・・・

でも、伝えられないのよ。どうしたら良いのか・・・・
貧弱なボキャブラリーに悩んでいます。

愛しているのにな~

もうすぐ、母もそんな年になる・・・伝えられる自信が無い・・・な。
父が昔、祖父に向かって、『いこじになってんじゃないよ』って、怒ってたっけ・・・・。
父も昔、親に思いやりが通じなくて怒ってたっけ・・。

孫の出番かな?・・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。