プロフィール

papimam

Author:papimam
神奈川県在住

息子1人
娘 1人
パピヨン ♂



元気だそう!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



元気になろう!
気づかないちょっとした体の変化に気づいて元気になろうよ。食べ物、生活習慣、身近なところから見直してみませんか。小さな幸せを一緒にかぞえましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供に依存する親・・・子離れ
この所、加藤諦三さんの書いている文庫本を数冊読んでいます。

ドキ・・・とすることが・・・

『ダブルバインド』

言葉で許可を与えておきながら、失敗するように仕向けて禁止する。

自立しろと言っておきながら、依存するように、離れられなく仕向ける。

そうして、見えない鎖で縛られると、心を空洞化させた、透明な存在となる。ロボット化された自己の無い人間。

昔、少年Aが凄惨な事件を起こした時。何故???と、怯えました。
『少年Aこの子を生んで』を読んでも、何も解りませんでした。
『あなたの子どもを加害者にしないために』を読んだ時、ふ~ん。と、思いました。

そして、「モラルハラスメント被害者同盟」のホームページを歩きながら、「毒になる親」・・・・に行き着く。

そんな、ショックに打ちのめされている時に、まるでパズルをはめ込む道導のように、加藤先生の本が語りかけてくる。

子供が育つ。さなぎの中学生が、胎動しているのがわかる。
お互いに分離不安を乗り越えて、自立して行こう。

もう一人さなぎになりかかっているし・・・あふ~

リハビリ講習会で、高齢者の心情をタップリ聞いてきた今日。生きることに真正面・・・・・の心情。

今年は、濃~い1年でした。
まだ終わってないけど。・・・・支えてくれた、出会えた皆さんに感謝します。

明日も元気に行こう
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
はじめまして。
はじめまして。
加藤諦三さんの本について検索していて、こちらに辿り着きました。
こちらの記事にある『ダブルバインド』について書かれている著書を探してみたのですが、
著作が大変多く、なかなか見つけられません^^;。
もしよろしければ、こちらで読んだと書いてある本のタイトルを教えていただけないでしょうか?
【2009/06/03 12:36】 URL | ゆじい #7RorUgFk [ 編集]

ゆじいさんいらっしゃいませ
こんいちは、ゆじいさん。

加藤諦三さんの本は、ブックオフで、まとめ買いをしてしまい。
10冊以上手持ちがあります。
その中の、何冊かに記述があると思いますので、チョット待っててくださいね。
仕事の方が、忙しい時期で、時間に余裕が無いんです。


【2009/06/03 21:49】 URL | #- [ 編集]


papimamさん、お返事ありがとうございます。

急ぎでないので、お時間にゆとりが出たら教えていただけるとうれしです^^。
お忙しい中、申し訳ありません m(_ _)m。また、しばらくしたらうかがいますね。
【2009/06/03 22:19】 URL | ゆじい #7RorUgFk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://genkipapimam.blog55.fc2.com/tb.php/105-4203451b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。